Sponsored Link

2016年10月31日

はしだのりひことシューベルツの風(カバー)をひとり多重録音

多重録オヤジです。

今回はかぐや姫からはなれて、別のアーティストの曲をひとり多重録音してみました。

曲は、はしだのりひことシューベルツの

風(かぜ)

です。

風(カバー)をやってみた

はしだのりひことシューベルツは1968年に結成されたグループ。元々ザ・フォーク・クルセダーズのはしだのりひこ(端田宜彦)が

  • 越智友嗣・元ザ・ヴァニティー
  • 杉田二郎・元ジローズ
  • 井上博・元ザ・ヴァニティー

のメンバーと共に結成し、この風が大ヒットしたことで第11回レコード大賞新人賞を受賞した名曲です。

1970年に解散してしまうのですが、はしだのりひこはこの後も

はしだのりひこと×××

と言うグループを結成して活躍します。

kaze.png

多重録音構成


今回のパートは以下です。

  1. メインギター
  2. サイドギター
  3. コーラス1
  4. コーラス2
  5. メインボーカル
サビの部分はユニゾンでかぶせています。

この曲をやろうと思ったのは、実は白い犬がCMに出てる携帯会社のCMのBGMで流れていた(これもカバーだったけど)のを聞いて

シンプルだから簡単にできそうかな?

と思ったのがキッカケです。ひとり多重録音の最初の頃のものです。

ただ、これも完コピではなく適当に自分でアレンジしてます。特にコーラスなんかは。

ギターは全てL10Eを使っています。

動画の最後にGarageBandの画面なんかも出てきますよ。


こんな感じで実際にひとり多重録音を楽しんでいます。
ご感想などありましたらコメントください。

よろしくお願いいたします。
posted by 多重録オヤジ at 22:15 | Comment(0) | ひとり多重録音やってみた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Sponsored Link

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村